『ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2018』

​企業・産業部門にて【温冷熱治療装置】をエントリーし、優秀賞を受賞いたしました。

一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会では、次世代に向けたレジリエンス社会構築のため、全国から“強くてしなやかな国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等”を実施している企業・団体を評価・表彰する制度として、「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)」を創設しました。

本アワードは、「企業・産業部門」、「地方自治体部門」、「教育機関部門」、「NPO・市民活動部門」の4つの部門で構成されており、一次選考(書類審査)と最終審査(審査委員審査)を経て、グランプリ以下、各賞を決定いたします。

人体の体温を安全な範囲で、上げたり下げたりする技術です。
温度調整機能と局所冷水噴霧機能を兼ね備え、この装置をコンピューターで自動制御した仰臥位の浸漬型特殊浴槽により、技術を可能にしました。
人体の体温を温浴により上昇させる技術は、以前よりありましたが、体温を下げる新技術を付加し、コンピューター自動制御により、体温を上げたり下げたり、連続で行える新技術を達成させました。抗加齢・健康維持・予防医学・スポーツリハビリ・医療リハビリ・医療の分野で、体温を上げることで得られる、免疫系の向上や基礎代謝の向上を補助することが出来ます。
体温の変動による熱刺激が揺らぎとなり自律神経のバランスをリセットする補助を行うことも出来ます。​。

  • facebook
  • tbird
  • googleplus
  • flickr

Dawkins & Dodger Architecture / T 123.456.7890 / F 123.456.7899 / info@DawkinsandDodger.com / © 2023 by Dawkins&Dodger